2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.12.11 (Sun)

平成KIZOKU

Yahoo!ニュースで記事を見て以来、結構な頻度で平成KIZOKUの新しい動画がアップされてないかチェックしている。

楽曲も無料配信されているのでダウンロードしてしまった。
スポンサーサイト
10:08  |  未分類  |  コメント(0)

2016.12.10 (Sat)

今年のDisny

9月に行きました。
暑かったー。

自分へのお土産に買ったのは、アリスのペンケースにもペンスタンドにもなるNEO CRITS。
前に買った白雪姫のがまぐちポーチが現役なのですが、使わなきゃもったいないのでメイクブラシやら長めのコスメ関係を収納。
可愛いから持ち歩きたい気持ちもあるけど、家置きで。
シーに行く方、今さらですがおすすめです!


いろいろあって、秋は明治神宮の舞楽見に行けず。春も行けないこと確定。
来年の秋は行けるといいなあ。

今の楽しみは「逃げ恥」。
平匡さんとみくりが可愛すぎてもう!!

21:02  |  未分類  |  コメント(0)

2016.06.18 (Sat)

井筒装束店 トートバッグ

井筒装束店さんの狩衣の生地で作ったというトートバッグ!!

先日Facebookで見てから、気になって仕方がないのですが、お値段などは問い合わせしないとわからないみたいで…。
問い合わせが苦手なので、気になったままで終わりそう

とても素敵なトートバッグです。
21:37  |  個人的な逸品  |  コメント(0)

2016.06.10 (Fri)

半蔵門のあとは、亀戸探訪



以前、友人から頂いた亀戸で有名なマシュマロ
自分でも買いに行って来ました。
写真は人差し指。一つが大きい!!
生マシュマロと言うらしく、確かに中身がもっちりなのに、とろりタイプ。
とても美味しい!



そして、これまた食べてみたかったトンカツ屋さんへ。



萬清さん。
かにクリームコロッケ、エビ、ヒレカツ!!!
横綱は食べきる自信なし。
かにクリーム美味しかった!

亀戸いいな
20:15  |  未分類  |  コメント(0)

2016.06.07 (Tue)

高須帝国の逆襲と近藤ようこ

国立劇場のあと、半蔵門の本屋さんに寄ってみた。
『高須帝国の逆襲』を買うために!

ラスイチの高須帝国を手に取り、喜んでいると、近くに…近藤ようこさんの本がたくさん並んでるではありませんか!!

中身は見れないからスマホで本の内容検索しつつ、悩む悩む。
結局一冊買いました。
『恋スル古事記』
古事記などが好きでよく読んでいたせいか、ちょっと物足りなかったけれど、近藤さん独特で好き。
次回も寄ろう!


そして、高須帝国の逆襲がすぐ絶版に
うーん、なんだかなあ小学舘。
20:15  |   |  コメント(0)

2016.06.06 (Mon)

管絃



行ってきました。

管絃 盤渉調と太食調


舞楽なく、管絃を二調子。
初めて雅楽鑑賞するひとにはちょっとツライ。

が、
わたしからしたら、とってもおもしろかったです
これはこれで、おもしろい…!!

同じ日に配役を替えて管絃が聴けるなんて!調子は違うけどなんて豪華

「こちらの打ち物の配役で、こちらの主管さんたちで聴いてみたかったな」など。または、「こちらの琵琶とこちらの箏で…」など。
いろいろ思いました。

今回は箏の前のあたりの席。
源氏物語を読んで、次は箏をよく見ようと思ったらまさしく今回はアタリ席!が、前に座ってる方が寝てらしてよく動く(笑)
肝心の箏の手元はしっかり見えず

位置的に先生方の半分は隠れてらして、プログラムを見て、どなたが今吹いてるのかなど確認
1ミリも見えない先生も。


『花上苑』初めて聴きました。
この日は二の句がいいなと思いました。やはり朗詠いい!


プログラムに博昭先生の文があり、今さら『輪台』という題名について、考えたことがなかったなと愕然
曲の題名って、「これはメデタイと言う意味ね」とか漠然と思ったり聞いたりしていたのに、何故か輪台については何も思わず。『青海波』にばかり気をとられてたから??
「また舞楽公演の機会にお話したいと思います」って、いつですか!?


ちなみに、次は舞楽のみの公演に行きます!
初、十二音会

19:02  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  コメント(0)

2016.05.25 (Wed)

「紫の結び」荻原規子



荻原さんが訳した源氏物語。

シンプルで読みやすい。
作中の人物も、訳者の癖がなく自分の想像で読める気がする。
そのせいか、作中の雅楽描写がわたしからすると、非常にわかりやすい。 今まで読んだものより。


源氏と女三の宮の琴の琴が気になる!!
なのでググってみたけど、余計に気になることになってしまった。
しかし源氏が和琴やら箏の琴やら琴の名手だったとは。
自分は出来ませんが、今度目にすることがあったら、ジーっと観察してみよう。箏も和琴もなかなかお目にかかれないんだよな…。
21:50  |   |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。