2006年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.08.31 (Thu)

文芸百物語


文芸百物語
文芸百物語
posted with amazlet on 06.08.31
井上 雅彦 竹内 義和 加門 七海 菊地 秀行 田中 文雄
ぶんか社 (1997/07)
おすすめ度の平均: 4.75
4 こんなこと体験している人たちの方が怖い…
5 実感。
5 加門さん最高!


夏に紹介しようと思っていて、すっかり時期を逃しておりました。
涼しくなる本です。
いや、読後感は気だるいような、いやな汗でベタつくような・・・。
普段怖い話を書いている人たちの体験した話です。
皆さん作家だけあって、かなり怖いです。
上の本は文庫ではないですが、わたしが持っているのは角川ホラー文庫版。

怖いのだけれど、おもしろい。うん!

スポンサーサイト
23:08  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.31 (Thu)

水蜜桃と歯ブラシの関係

20060831211851

もう夏も終わりですね。
今年は桃を食べ損ねていたのですが、追込みをかけるように頂きものが。
好物なので、美味しく頂きました!美味しいですよね、桃。


突然ですが、わたし、歯を磨くときにシャカシャカ音をたてないと、磨いた気がしないんです。

でも、これは歯茎がブラシに強く押されることで、歯垢がどんどん歯周ポケットの奥に入っていってしまうので逆効果だとか…。
正しい磨き方は、桃の表面を歯ブラシで磨いてみて、皮が破れない程度の力が一番良いとのこと。
遠回しにアドバイスを受けました。はははっ。


―― あぁ、今年一度も浴衣が着れなかったなぁ~。
21:18  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.30 (Wed)

そうそう、龍笛

講習会、もちろん龍笛りゅうてきも学びましたよ!

「君が代」

神社関係の雅楽会なので、歌います。
先生が、
「せっかく『君が代』歌う機会があるのなら、是非龍笛を吹いて欲しいなあ。あ、もちろん暗譜で」と言ってました。学生にね。最後の「暗譜で」は、付け足しのようでいて、かなり本気に聞こえたな。
わたしは吹く機会がなさそうですが、せっかくなので覚えようとは思っています


「越殿楽えてんらく」、「五常樂急ごしょうらく」、「鶏徳けいとく」、
「皇麞急おうじょう
など、平調ひょうじょうをさっと。
あと「陪臚ばいろはどうだったけ?吹いたかしら??


「越殿楽えてんらくは、
黄鐘調おうしきちょう盤渉調ばんしきちょうを一緒にあわせて吹くと、おもしろいのだということでこの二つをあわせて合奏(龍笛りゅうてきのみで
ちなみにわたしは聴いているだけ・・・。まだ平調しか吹けませんので
不思議な感じでした。
拍子が一緒だから出来るのよね。途中で足で拍子を先生がとってたりもしてました。

「五常樂急ごしょうらくは、
「譜本の通り吹いているのはおもしろくないから、芝先生や連さんのCDの唱歌しょうがのように吹いたほうがおもしろいと思うんだよね」
とのこと。
ふむふむと思いましたが、これが出来ない!!!
かといって、わたしの演奏が唱歌通りとは言えませんが、
芝先生や連さんのようにって・・・無理
あくまで、「つもり」なのはわかりますが 難しい~っ。


あとは、各音取ねとりを教えていただきました。
最近、音取ばかりを集めたCDをつくってもらったのを聴いていたのですが、出来ず。
ってか、聴いているだけで吹きませんでしたが。
これも覚えないとなあ。せめて、音取だけでも

ん?
譜本を見ると、「武徳楽」とかもきってある! そういえば吹いてみたような・・・。記憶がっ。

*今回の先生は、たまに教えていただく方で、いつもの先生ではありません。念のため(笑)
21:08  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.29 (Tue)

いよいよ奉納

着ました。

白衣。
なかなかに新鮮 
うちの雅楽会の神職さんにお借りしてきました。着付けはもちろんやってもらいました。

白衣


さて、奉納です。

まず「越殿楽えてんらく
なんだかあっという間の出来事でした。
あんまり覚えてない(笑)

で、「浦安の舞うらやすのまい
指のぶるぶるは治まりましたが、高い音が代わりにぷるぷる超音波にっ
狭いところに座っているので、待機している舞姫さんたちの耳を直撃しているはずで・・・。
ああ、申し訳なかったです。
篳篥ひちりきが講師の先生だったので、歌の時は助かりました。
わたしが先に音を出してしまったところがあって、それが心残りです。

ほんとにバタバタと終わってしまい、記憶が不鮮明。
講習会レポートも何もあったもんじゃありませんでした。
来年も参加して、きっちりとレポートしたいと思います。自分のために。

この後、急にお腹が空いたので、バナナを食べて、帰りました。
22:41  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(49)

2006.08.29 (Tue)

浦安の舞 付け楽

講習は三日間でした。
最終日には、神社に奉納をすることになっているので、結構焦りました。
お昼休みも先生にお願いしてお稽古してみたり、帰りも宿にすぐ帰らずちょこっと吹いてみたりと・・・。
(夜の舞の自主稽古にはついていかずに飲んでましたが)

でも、そんな苦労は報われませんでした。


二日酔いです!!


よりによって、最終日の朝に二日酔いになりました

ありえない失態ですね。
だって、はじめてだったんだも~ん。二日酔いなんてなったことなかったんだも~ん。
ビールの後、ワインと日本酒と焼酎をちゃんぽんしちゃったんだもん。
注がれたら飲まないわけにいかないじゃん?
―― なんて言っても通じるわけがないのです!!
奉納が待ってるわけですから。

朝、朝食すら食べられず、講習会の会場の神社の鳥居の外で吐く始末・・・。
ホントに、馬鹿。
先生方や同輩の気の毒そうな視線を浴びながら、息も絶え絶えにリハ
指って、二日酔いでもアル中のようにぶるぶると震えるんですね! 発見
そして再発見は、
「龍笛りゅうてきって、ホントに息を大量に使ってるんだな」
ってことですかね ははは。

奉納は、
管が「越殿楽えてんらく
舞はもちろん「浦安の舞うらやすのまいです。
ちなみに浦安は三セット。見ごたえたっぷりです。

講習会
お世話になった神社。

19:40  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.28 (Mon)

浦安の舞 付け楽のお稽古


「浦安の舞うらやすのまいの付け楽のお稽古をしました。ってか、講習会。

「浦安の舞」は、ろくに見たこともなく、舞にあわせて楽をするのがほんとにいっぱいいっぱいで
まともに見たのは、雅楽演奏会の時のリハーサルくらいだったし。
その時は、装束に目がいってしまっていて(笑)
だって、すっごく綺麗なんですもの

吹くのはもちろん、神楽笛かぐらぶえです。

四人が扇をひろげたら、笛を吹き始めます。

舞が主役なので、笛はひたすら脇役です。脇役って、難しい・・・。
控えめに、舞が引き立つように、見ながら吹かなければいけないですしね。タイミングも大事!
だから、もちろん暗譜なわけです。
参出(最初)と退出(最後)のところは、なんとかなりました。暗譜。
はじめて舞とあわせたときは、作曲してデタラメ吹いてしまったりしましたが
先生方が速攻わたしの側にやっていらして
今のところ、おかしくなかった?
やっちゃいましたねえ。本番じゃなくて良かったです

扇を構えてから、横(?)に並ぶまでは笛の音をさせていなければならないとのことなので、このタイミングがまた難しくって。
意味わかりますかね?
ゆっくり吹いても、笛のほうが先に吹き終わってしまいそうになったら、また様子を見て同じフレーズを吹いて(戻る?)と調整をしなければなりません。
わたしの場合、舞も頭に入っていないので辛かったです 器用じゃなかったみたいで。


そして、歌が入ります。
神楽笛かぐらぶえ篳篥ひちりきも入ります。

歌よりも先に音が出てはいけない。
歌よりも後に音が残ってもいけない。


これが、難しいのです。
先に入らないというのが、特に難しくって。
つい、歌と一緒にパーンと吹いてしまいます。失敗、失敗。


ちなみに、歌ですが先生の先生がおっしゃっていたこと。
「よく勘違いしているひとがいるんだけれど、歌は管の音が消えたからって終わらせたらダメなんだ。最後まで歌いきらないと。声を出してね」
確かに、歌っていると管が消えると不安になってあわせて声を消してしまっていました。
自分の声だけ残ってるのがイヤだったし。
このことを聞いてから、頑張って伸ばして歌っていたのですが、喉が痛いです
綺麗に歌いたいのですが これもお稽古あるのみでしょうか。

Untitled3.jpg
これは演奏会の時の写真です。
19:14  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.24 (Thu)

たらこ系の

20060824224532

明太子、たらこ、うになどのたまご系が大好物です。おにぎりは絶対に明太子かたらこ。

美味しいですよね♪♪♪
いくらは、最近味がわかってきました。(高いから、知らないままでも良かったけれど…)

まだ痛風の気配はありません。
22:45  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2006.08.23 (Wed)

浦安の舞のうた

浦安の舞のうた、はじめてうたったのですが、きっついです
わたしにとってはですが。
女にしては低い声なので、音程がとりにくくて・・・。
高い声でうたってしまうところと、低い声でうたってしまうところと分かれてしまって、うたっていてもイマイチ気持ちよくないのですが、きっと聴いているほうも「ん?」といった感じでしょうか。

天地の 神にぞ祈る 朝凪の
海のごとくに 波立たぬ世を


良いうたです。

二回繰り返すので、うたった後は、疲れます。
これを、三セット(うち一回は神楽笛を吹きました)はヤバイです。お稽古とはいえヘトヘト。

でも、うたえないのは恥ずかしいので精進しよっと。
また習う日はいつになるかわかりませんが!

浦安の舞譜

22:23  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.23 (Wed)

二日酔い

はじめて、二日酔いを経験しました。
辛いんですね。
次の日体が怠いくらいはあったのですが、ひどいのははじめてで…。
十代で経験しとくんだった!

詳細は、おいおいに。たぶん。
00:07  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.22 (Tue)

こうの史代「夕凪の街 桜の国」

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国
posted with amazlet on 06.08.14
こうの 史代
双葉社 (2004/10)
売り上げランキング: 718
おすすめ度の平均: 4.79
5 世の中に差し出してくれてありがとう
4 みんな「分かってる」とは思うのだけど、違う見方として・・・
5 世界の全ての人に、なにより日本人である貴方に読んで欲しい。

ここ数年、靖国問題は変わらず大きくテレビで報道されていますが、「はだしのゲン」とか、戦争を描いたアニメはどこへ行ってしまったのでしょうか。(少しは見かけます)
わたしが子供の頃は、夏休みになると、放映されていました。毎年毎年。
学級図書にも、この漫画が置かれていましたし、みんな読んでいました。
戦争の中生きている少年を描いているので、どうしても悲惨な描写が多い漫画です。
わたしはこれで戦争に対する恐怖心を養ったり、社会科の授業で戦争を勉強するよりリアルに学んだように思います。
子供のうちに、こういった教材で知ることが大事なのではないかと思うのですが、なぜ、テレビでやらないのか・・・。規制がかかっているのでしょうか? 映像が問題で。あれが、恐ろしいのに。

これ。
「夕凪の街桜の国」です。昨年話題になっていた本だったと思います。
見ての通り、やさしい画です。
わたしは今まで、戦争中の悲惨さにばかり目がいって、終戦後の生き残った人々のことを見落としていた気がします。
ネタバレになるので、詳しくは書きませんが・・・。
ご覧の通りのやわらかい画で、読むのに不快な気分になるようなことはないと思います。
文化庁が推薦していたはずなので図書館にあるかと。(また図書館を勧めてますね)

来年、映画化されるそうです。

18:40  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.21 (Mon)

チャングム

今回、すごいことになってますね。
ヨンセン、やったね!!
逆襲は見物だった。驚き。あのヨンセンがやってくれました!

…が、雲行きあやしいですな。
21:40  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.17 (Thu)

灯篭ながしと抜頭

灯篭流し


抜頭(ばとう)
猛獣に父をかみ殺された胡人の子が山野を探し求めて遂に父の仇を打ち、歓喜する姿を舞いにしたという。

お盆も終わり、灯篭流しが近くの川で行われていました。
今回は、舞楽「抜頭ばとうも披露されるとのウワサを聞きつけて行くことにしました。
夕焼けに生えて、なかなか風情がありました。
右手の川にはうっすら明かりもともっていましたので。即席な舞台が泣かせます。
舞人は、はじまるまでこの真裏で普通に待機されてました。
道行く人の好奇の視線、かなり辛かったのではと思います。

わたし、リアルタイムで「抜頭」見るのははじめてです。
DVDで、女性が舞っているのは見たことあるのですが、雰囲気が違いますね、やはり。
暑さのなか、装束をつけて吹く、舞うには頭が下がります。
この日はホントに暑かったもの!!
しかし、このお面は怖いというか、濃いですね。
ロン毛だし、夏には暑苦しい・・・なんか不思議。男の人だとこうなるのか。
舞人は、若者だったのでしょうか?? 暑いのに良かったです、動き。
演奏もはじめて生で聴いたのですが、お上手でした。某雅楽会さんで、年齢は高めの構成でした。

席ですが、なんと前から二列目に座ることが出来ました。
式典の最中だったのですが、空いていたのでさっさっと入り込みました。
おかげで写真も撮れたし、よ~く見ることが出来ました。らっきー。
わたしはかぶりつきだったのですが、まわりの参列者は最初の数分でもう飽きてしまったようで・・・。仕方のないことです。お子さん方もたくさんいたしね。

演奏も終わり、
「さて、撤退するか」
と思ったのですがわたしは来賓席の前を気がつかず陣取っていたのです。
どうしよ~、と思っていたら、お坊様がたくさん行進してきてわたしの隣、来賓の前に並んで座りだしました。
もう身動きとれず、このさいお経でも聴いていくしかないとあきらめ、その後結構座ってました。
来年は、道端からこっそり見ようっと。

最後に、越殿楽も聴けて得した気分ではありましたね。
18:45  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.16 (Wed)

神楽笛

神楽笛、良いです!!! ハマってきましたよ。すっかり。

慣れると、龍笛りゅうてきよりこっちのが吹きやすい。
この後、龍笛りゅうてきを吹こうとしても、音が出ないです(笑)

音が出しやすい~っ。いいなあ、神楽笛。
人の声に近いのがまだイマイチわからないのですが。
龍笛より神秘的な気もします。
日本最古の笛なので、日本笛、大和笛と呼ばれているそうです。

神楽笛と筒

浦安の舞譜

「浦安の舞」は、歌も舞いもかなり好きです。
他にそんなに舞を知りませんが・・・。
なのでこんなに早く神楽にいくとは思っていなかったので驚いています。

でも、神楽笛は買いませんから
まだ龍笛で精一杯です、わたし。
21:57  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.15 (Tue)

神楽笛、ハジメマシタ

神楽笛かぐらぶえ

神楽歌かぐらうたに用いられます。六孔で、三種類の横笛の中でもっとも長く、太さは龍笛りゅうてきより細く、高麗笛こまぶえより太く作られて、龍笛りゅうてきの長二度低い音が出ます。三種類の横笛の中でもっとも高貴な笛とされています。
                                   ~「はじめての雅楽」より~


今週末、「浦安の舞」の付け楽のお稽古を急遽することになったので、
先生に神楽笛かぐらぶえをお借りしました

もちろん、吹いたことなんてありませんし、手に取ったこともありません。
龍笛より、細くって、長いです。フルートみたい。
孔も一つ少なくて、指孔を押さえるのも、指先で押さえています。
歌口(吹くところ)も小さいので、息を入れるのも不思議な感じ。
「細く小さく吹いてください」
との指示通りに吹いてみると、やっと音が出ました
最初は吹きにくかったのですが、慣れてくるとかなり良い感じ
音が、綺麗 龍笛りゅうてきとはまた違った音。なんと言ったらよいのでしょうか。
少しの息で、音が出ます。響きも細~い。
「浦安の舞」の譜をコピーしていただいたので、家で吹いてみてます。
が、問題が・・・
白黒コピーなので、和ふくら(低音)と責せめ(高音)がわからない!! 感覚でやってます。
(先生の譜には、高音低音が二種のマーカーで区別されているのです)
浦安はCDあるのですが、なにせ歌がメインなので笛の音が聴こえないっ!
さて、どうなるか!? 本番。

神楽笛 ←上が神楽笛、下が龍笛

うちの先生は、
「義経は、絶対龍笛ではなくて神楽笛を吹いていたはずだと思いませんか?」
と言っています。理由を聞いてみると、
「そのほうが、画になると思いませんか? かっこいいでしょ」
とのこと。
うん、なんだかそう思えてきました。わたしも神楽笛に一票

18:36  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.14 (Mon)

雅楽だより 購読開始!

20060814135721

雅楽の情報紙、「雅楽だより」を購読することにしました。

年四回発行で、千円です。先週郵便局に振込んでから約一週間で手元にやってきました。
せっかくなら創刊号から欲しかったので、お願いの旨を振込み用紙に記載しておいたので、この枚数。まだ六号なので出来ることですね。
内容は濃いです!
正直今のわたしには何が書いてあるかわからないところもありますが、おもしろい読み物もたくさんで、読み応えがあります♪

そのうち引用させていただく予定であります。ふふっ
13:57  |  芸事の参考になる本たち  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.11 (Fri)

二ノ宮知子「GREEN―農家の嫁になりたい」

GREEN―農家のヨメになりたい (1)

のだめつながりで、これ。

おもしろいです

題名のとおり、女の子が農家の嫁になりたがる話なんです。
もちろん、相手が超かっこいい男性。
以前、NHKでドラマ化もされてました。深キョン主演で。

笑えて仕方なかったです。全四巻なのが口惜しくて!!
読み進めば読み進むほど、笑う部分が増えるかと思います。

これを読んだときはお腹がよじれるかと思いました。ホントに。
のだめに興味をもったひと、こちらも是非どうぞ
全四巻なので、さっと読めてしまいます。ものたりないくらいに。

19:27  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.10 (Thu)

ゲド戦記

見ました。

わたしは原作も読んでいますが、どうなんでしょうか。

他のみなさんの評価が気になります。
これって、世界に配給されちゃうのでしょうか・・・。


でも、最後のクレジットを見て
『原作:ル・グィン「ゲド戦記」』
『原案:宮崎駿「シュナの旅』

となっていて少し納得。ミックスか・・・。
題名も変えるべきだったかな。ゲド意味ない??

良かったのは、岡田君をはじめ声優陣
歌も好きです。透明感あって。


そんな感じ。



「のだめカンタービレ」
月9、ですね!!!
そして、木曜深夜枠でアニメ化!!!!
やばいっ、また期待しすぎて酷いめにあうかも・・・。でも、期待してしまいます。
21:17  |  映画&テレビ&音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.09 (Wed)

ゆっくりと笛を吹くこと

雅楽ブログを探していたら、
ゆっくりと雅楽を嗜んでいる方のブログにたどり着きました。

その方は、一年に一曲ペースで習っている。
でも、着実にものにして、祭典でご奉仕などしているらしい。

わたしは急ぎ過ぎていたのかなと、思いました。

じっくりと同じ曲を繰り返し繰り返しお稽古する。
これってとても煮詰まってツライことだと思っていました。
実際はそんなことなくて、人それぞれの考え方なんですよね。
わたしがそう思ってしまっているだけでさ。



・・・でも、どんどん次の曲を習いたい(笑)
欲張りものです。
先日指導してくださった先生にも、
「欲張り?」
と言われてしまったし。
だって、どんどん行かないと。情熱のあるうちに。


☆指
やはり左手小指を笛から離して吹くようにしたら、過度の負担が親指に。
人差し指、中指でがっしりと上から押さえつけているから。
理由がわかっているのに、解決できない・・・。もどかしい。
まだまだ時間がかかりそうです。
20:04  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.08 (Tue)

面影屋珈琲店

飲んだ後は、珈琲を飲みに。
友人おススメのお店、面影屋珈琲店へ。

面影屋珈琲店

既に、お店の外観からして好みなんですけど!!
人があふれる中、おのぼりさん全開で写真をパチリ
あ!! 世間は夏休みではないですか!? 人がさらに多いわけだ。午後の新宿。

名前がずるい。これはずるいです。ヲタなので、字面だけで心をくすぐられます。

面影屋珈琲店3

混んでいたので、カウンター席。
目の前がこんな感じで、ちょっと得した気分。素敵素敵。
珈琲沸かすのも見ていられるし♪♪♪

無口なお兄さんが、良かったです。
こういうお店では雰囲気を大事に保って欲しいですものね

面影屋珈琲店2

注文したのは、面影オリジナルブレンド(うろ覚え)
初めてのお店で迷ったときは、スタンダードにそのお店の名前のついたものを頼みます。
って、普通か。

モンブラン

わたしは友人おススメ、モンブラン。
中のクリームが美味しい。下のタルト生地も美味しかったなぁ
かなり、ボリュームあります。食べ応えがあり過ぎて、珈琲一杯では足りないくらいに。

ベイクドチーズ

友人はベイクドチーズケーキを。
濃いです。濃厚です。ずっしりです。これまた美味しい

雰囲気が良くて、ついつい話がはずんでしまいました。
語り入っちゃったんですよ。昔のことなど思い出話(笑)出てくる出てくる。
お土産の肉まんを取りに行く時間を忘れるほどに

いろいろ頼んでみたい~。メニュー良く見てくれば良かったです。
シフォンケーキも美味しそうだった
18:54  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2006.08.07 (Mon)

新宿ライオン

今度は、新宿のライオンに行ってきました。

新宿ライオン


新宿ライオン2

わたしが入ったのは地下のビヤホール。ここは、1Fもあります。
高校野球が見れました。

新宿ライオン3

お昼だったので、ランチメニューがありました。
ナポリタンと、カツレツ。
なかなか美味しい カツレツについたクロワッサンも美味しかったです。

新宿ライオン4

チョリソーと黒ビール。


が。

良くなかった点が、結構ありました・・・。

銀座七丁目と違って、グラスが冷えてない(?)みたい。←これ大事でしょ!?
店員さんの態度。パンかライスかを選ばせるのに、「パン?ライス?」と女の子、タメ口でした。
あげくに、パンをオーダーしたらライス来るし。
他の店員さんも、チョリソー頼んだら30分以上来ないから、さらに他の店員に言ったら、オーダーされてなかった・・・。
お店空いてたのに、いい加減過ぎないか? 新宿のライオン。

まあ、客の年齢層高くてゆっくり出来たんですけど。
新宿だったら、次はアサヒに行ってみま~す。

本日の酒量は、
生  小グラス(420ml)×2杯
黒生 小グラス(420ml)×1杯

お昼にしては、飲んだほうかな?

21:13  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.07 (Mon)

華正樓の肉まん

20060807195140

横浜中華街の中ではダントツに美味しいと思います。
一個367円!!

母の誕生日プレゼントに購入☆

もちろんわたしの胃袋にもおさまります。
19:51  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.05 (Sat)

岩盤浴

ようやく行きました。

ゲルマニウム温浴はよく行くけれど、こちらは初めて。
想像どおりでしたが、なかなか良かった♪

風呂好きなのでこういうのは気になって仕方がない。

しかし。
今回は、自宅から車で一時間弱のところに行きましたが、
自宅から五分のところにもあった…みたい。
温泉ホテルだから、うっかり頭から除外、忘れてたのです。

近いうちに、一度こちらにも行かないと。
15:51  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.03 (Thu)

君野倫子「平成着物図鑑」

平成着物図鑑

この本に出会って、着物の幅が広がりました
「こういう着方もアリなのね」と。
わたしが帯留めに興味をもったのも、きっかけはこれ。
あいうえお順に着物関係の言葉が写真つきで載っていて、とても親切♪♪

見ているだけでも楽しい本です。(物欲に火もつきます、気をつけて!!)

着物が好きで、まだ手にしたことのないひとは一読の価値ありです。いや、必見!!
もちろん初心者にもわかりやすい。

久しぶりに読みかえしたので、思い出したように紹介してみました
18:08  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.08.02 (Wed)

筋肉痛

スクワットをしました。

ゆっくりと数回。

ものすっごい筋肉痛です。歩くのが痛いです・・・。
運動後すぐにアミノバイタルを飲めば良かったらしいですが、
うっかり飲み忘れたら大変なことになりました。

今日もやってみようと思いますが、どうでしょう。スクワット自体ができるかどうか
すぐに飲むぞ。
21:22  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.08.01 (Tue)

夢と現実のはざ間で

知人の話。


龍笛りゅうてきを吹いていてガクッと寝てしまうことがあるとか。
もちろん笛を落としそうになるそうです。
自分の音で催眠状態になる感じで、長い曲だとほぼ間違いなくとのこと。

「時々、吹きながら夢を見ていたりします」

って、かっこいいんですけど!! いいな、羨ましい。言ってみたい。

「眠りに落ちかけた時のような感じで、現実と夢の間で笛を吹いているような」

ほほう。
で、ガクッと笛を落としそうになるわけらしいですが、これってどうなんでしょう?
「なりませんか?」
と聞かれましたが、なりませんよね?
CDを聴いていてというなら、話はわかりますが。
だって、雅楽って眠くなればなるほど上手な演奏といいますでしょ。
あのゆったりとした独特の延々と同じように聴こえるところが眠りに誘いますものね(笑)

ちなみにわたしは経験ありません。
吹くだけで精一杯。きっと余裕のある人しか経験できないことだと思います。
確かに、集中していると別世界(?)に行ってる観はありますが。
これがさらに進化して催眠効果で眠くなるのかしら??

21:08  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。