2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.03.31 (Sat)

謝儀が。。。


一月の結婚式ご奉仕の謝儀を頂きました。
「少しお礼を出しますから」
と聞いていましたが、これが思いのほかの高額。
もらってびっくりでした。
いろいろあって、お宮に迷惑もかけているので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
デジカメ購入資金の足しにしようと頂く前は思っていたのですが、今後の雅楽費にしようと思います。

有り難いことです。

スポンサーサイト
12:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.29 (Thu)

蟲師

ちょっと前に、PARCOの蟲師展行ってきました!
って、「さくらん」を観に行ったときに一緒に観てきわけなのです。

そこに蒼井優が映画で着ていた着物が飾ってありました。アンティークです
実物よりも、映像の中の着物のほうがとっても素敵に見えました。
着てる人がめちゃ可愛いから、と言ってしまったら終わりですが
しかし、ピンクの長羽織可愛いなあ。。。
長い髪をアップにしないで着物を着ているのも良いですな♪
彼女はほんとに着物が似合う。自然に着こなしているというか、しっくりしてます。

――「着物熱」。友人の言葉ですが、わたしも着物熱が沸々とわいてきました。
羽織はもう無理ですが、着物は着ますよ! 勢いで先ほどネットショッピングを少々

映画も観たいけれど、これはDVD待ちになりそうです。
そろそろジョー禁断症状がっ
22:31  |  映画&テレビ&音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.29 (Thu)

キャッツアイ

最近、整骨院での待ち時間、電気かけ時間はもっぱらこの「キャッツアイ」です。
すっごく懐かしいです。
アニメが大好きでよくみていました。
三姉妹が美人だし、かっこいいし、セクシーだしで憧れましたね

今読むとヘソが曲がっているので、
レオタードが動きやすいのはわかるけれど胸元開きすぎでかつ腰にスカーフ(?)は要らないでしょ?だって、ほどけたり引っかかったりしちゃうよ?髪の毛も赤外線のトラップのときにアップにせず、普段から結んでおくなりしようよだって髪の毛絶対落ちてるよ?好きな女の後姿くらい覚えてるでしょ、なぜわからないんだー!
などなどかなり余計なことが頭を掠めて集中出来ません

ちなみに読んでいるのは昔発売されたジャンプコミックス全十八巻。
今はまだ八巻です。
三姉妹がゴルフクラブのオーナーだったり、アメリカ合衆国大統領の椅子を揺することができる執事のような人がいたりと、謎は深まるばかりです
そして泪さんの年齢も気になります。

キャッツアイ 1 完全版 (1)

診療室に持ち込んでいるものだから、先生にも気がつかれています。
「懐かしいでしょ。それ、実写で映画になったんだよ。確か藤原紀香が出てたよ」
と教えてもらいました。
十五、六年前とのことでしたが、調べました

CAT’S EYE

九十七年でしたね。十年前。
泪さん→藤原紀香、瞳→稲森いずみ、愛ちゃん→内田有紀
原作と違って、主役は愛ちゃんだとか!
評価もいいみたいなので、レンタルしてみようかと思っています。置いてあれば。
22:20  |  映画&テレビ&音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.03.25 (Sun)

さっそく見捨てられました。

本日のお稽古で、さっそく・・・見捨てられました


合奏での出来事。
黄鐘調おうしきちょう「越殿楽えてんらく音頭おんどをやらせていただいたのですが、初太鼓で入るはずの皆さんが入ってくれませんでした
その直前に、平調ひょうじょう「越殿楽えてんらくを同じように初太鼓付けで、合奏をしたばかりだったので、暗黙の了解(?)でそのまま同じはずでした。ので、確かに打ち合わせ不足ではあったかも知れません。
も一度合奏をしなおしたんですが、まさか今回見捨てられるとは思わなかったのでちょっと笑えました(笑) 
おかげで緊張は無し!! 止めてのとき、どきどきしたくらいでした。黄鐘調おうしき初音頭おんどだったので。


笙娘だけが入ってくれました
ありがとう!! 笙娘 
この借りは、音頭のとき止めてを長く吹き過ぎないようにすることで返します。(あんまり龍笛頑張ると、笙は苦しいらしいので)


しかし、止めてがうまくいきません。篳篥とうまくいかない。
もっと研究とお稽古をしなければ
23:25  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.24 (Sat)

どの楽器が雅楽らしいのか

ある演奏のための待機時間に、三管三人で雑談をしていました

すると、笙しょう吹きさんが、
「いやあ、やっぱり龍笛りゅうてきは見栄えがいいねぇ。吹いてる姿が一番雅楽っぽいよね」
と言いました。

う~ん、わたしからすると、逆に笙しょうこそ見た目が一番雅楽っぽいと思えるのです。
あの竹がいっぱい刺さった感じが・・・←これは門松。
『雅楽』というと、まず先にイメージするのって(されるのって)笙しょうの確率高くありませんか?
それでもって、音は篳篥ひちりき あの大きい音とエンバイは「俺が主役だぁぁっ!」と言われてる感じがしますし。楽器真ん中で構えてるし!
東儀秀樹さんの影響も大きく、クローズアップされるのはいつも篳篥ひちりきと笙しょうな気が・・・。
いえ別にひがんでないですよ(笑) 少しだけいつも悔しいと思うだけで。
龍笛りゅうてきは、お囃子が盛んな地域ではまったく人気ないですよね 横笛って吹いたり目にしたりする機会多いですからね 違う楽器ですが、傍からみると同じ横笛ですし、雅楽の笛だってわかりにくいはず。

「笙しょうは、演奏中顔が隠れちゃうからねぇ、観てて面白くないというか。 篳篥ひちりきはホッペがぷっくりしちゃうし、龍笛りゅうてきは構え方とか美しいじゃない」

とのことですが、わたしはそうは思わないのです。
実際吹いてみると、確かに頬は膨らまない。
でも、
鼻の下が伸びているような気がする・・・。
ぷくっと。お猿さんのように
歌口うたぐちに被るように吹くから仕方ないのかもしれませんが、絶対にかなりの確率でなってると思います!!気のせい?


で、どの楽器が一番雅楽っぽいか。。。
吹いてる姿で考えるか、楽器単品で考えるか、音で考えるか
・・・やっぱり総合的にみると、わたしは笙しょうに一票ですな。

19:30  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.03.23 (Fri)

素朴な疑問・・・

全国から集まったお雛様を大量に飾っている、神社や町をニュースで見ます。

先日、実際に観光に行った人に、写真を見せてもらってびっくり!! ホントにすごい数。
外の階段にすごい数がズラーっと並んでいますが、並べるだけで大変ですよね。
あれって、雨が降ったらどうするんですかね?? 夜はしまうのでしょうかね?? ものすごい数ですよ・・・。鯉のぼりとかもありましたよね。

どうしているのか、疑問。

また、その季節まで閉まっておくのも大変ですよね。保管と管理が気になります。
やはりオダイリサマとオヒナサマはペアですしねぇ。


そうそう。
お雛さまは女性のお守りだから、ホントは各家庭に一つではなく、その女性に一つがいいらしいです。女の子、子供の間だけでなく、ずっとお祭りしたほうがいいとも聞きます。
うちは随分出していません。申し訳ないな、お雛様に。
わたくし、かなり大人ですが、来年(ぴったり一年後)はちゃんとお祭りしようと思いました。
もちろん、桃の節句後は最速で終わないとね。

23:19  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.22 (Thu)

神戸アルテナ


神戸アルテナ(チョコ)!!

200703191959082

栗がボコボコ入ってます! チョコも濃い!!

20070319195908

あー、もう、今月は太ります

が、今日はバドの大会。
参加者去年より激減のため、相変わらず三試合(二セット先取)、休みなしで。
準優勝(笑) たぶん、賞品は時代遅れで売れ残った洋品店のナイキの靴下・・・。
かなり動いたけれど、焼け石に水かな
おまけに明日夕方あたりは筋肉痛とみた!!
アミノ○イタル速攻飲んだので、効いてくれるとよいのですが、どうでしょうねぇ。

22:35  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.03.21 (Wed)

山田章博「BEAST of EAST ~東方眩暈録~1」

本朝 夢幻 冒険 絵巻
                                      アルケミー
馬琴の伝奇と北斎の筆との驚嘆すべき錬金術

20070302223642.jpg
BEAST of EAST 1 (1)    BEAST of EAST 2 (2)

原作は、岡本綺堂「玉藻の前」(←原作が読めます)。
それが山田章博氏超絶華麗な画で漫画になっております!
ストーリーも、全く原作どおりといったわけではありません。
主役の鬼王丸、藻(玉藻)以外に、安倍清明、平将門なども出てきます。
とにかく、原稿に隙間が少ないです。描き込まれていて。そして、画が綺麗で綺麗で
コマとコマの持つ、「間」がとてもいいです。

金毛白面九尾の狐は、「うしおととら」や、その他いろいろ取り上げられていますが、これも主軸は九尾の狐が日本にやって来たことから物語が始まります。
それが幼馴染たちの平安な暮らしを引き裂き、国を破滅へと導いていくのです。
その狐の謀を、防ぐことが出来るでしょうか、幼馴染たちはどうなるのでしょうか。
といった物語です。

・・・非常に残念ながら未完です。休載なのかはわかりません。続きは出るのかなぁ?
「これから、さてどうなる!」ってところでとまっています

13:02  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.20 (Tue)

見捨てないでください。

先日のプチ演奏会
本番前に、一度だけ皆であわせました。(といっても「五常樂急ごしょうらく」だけ)


いっつも、付け所よりも、はやい●で入ってもらっていたんですよ。龍笛りゅうてきのソロ部分が短くなるので無理やりに。
なので、てっきり今回もそうだと思っていたら、いつもと違っていつもより一人で吹く部分が長い。

「えっ!? なんでみんな入ってくれないのーっ

と、すっごく不安になりました。
そのあとちゃんと付け所から入ってくれて(これが当たり前なんですが)ホッとしました
しょうの音が聴こえたとたん、「良かった! きたきた、良かったよー」と。

「ある」と思っている音がないと、慌てますね。

よく、S先生が合奏のときに、
「ちゃんと入るときに周りが入ってくれないと、龍笛りゅうてきの音頭おんどは『見捨てられたか!?』と思って、不安になるんだよ。だからみなさん遠慮しあわずに、ちゃんと入ってあげてね」
とおっしゃっていまして、そのときはあまり深く考えず聞いていたのですが、やっと意味がわかるようになりました。
確かに見捨てられたんじゃないかという気分になりました(笑)


あー、これって、掛け吹きも同じですね。
龍笛チームがお互い遠慮しあって遅れると、笙や篳篥が困るというアレですね。
気をつけます
・・・でも一人先に音が出ると、ビクついてしまいます うう。

22:34  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.03.19 (Mon)

千疋屋のアップルパイ

千疋屋のアップルパイをホールで、例の1.5倍返しは確実の日に頂きました

四分の一、ぺろっと平らげてしまいました。
大きな林檎ごろっごろみっちり詰まっていました。
パイ生地も美味しい!! これがまた、紅玉の酸味と良くあうんですっ!!!
味オンチな妹は、「林檎が酸っぱい」などと馬鹿なことを言っていましたが、アップルパイは紅玉の酸味が必須でしょ!?

20070319195841

あー、美味しかった

20:22  |  美味しいもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.17 (Sat)

さくらん

本日、念願の「さくらん」を観てきました。

良かったです。
いろいろ思うところはありますが、上出来です。
すべてを原作通りに入れる必要はないのです。観ている人が判断すればいいんです。
映像は思った以上に綺麗でした。

やっぱり菅野美穂の粧ひが綺麗過ぎる。
花魁道中最高!!
土屋アンナの花魁道中も迫力がありました。個人的には、花魁に傘を差し出している安藤政信に視線は釘付けでございました。カッコイイ!!

遊女の話なのだから多少きわどいシーンはあるだろうに、そんなことはすっかり頭になくて、観てびっくり!!菅野美穂と木村佳乃の花魁ぶり(?)にどきどきしました。女優ですね。

夏木マリの女将は、とってもいい配役だと思うのですが、どうしても彼女の声を聞くたびに「千と千尋の神隠し」の湯婆婆が浮かんで浮かんで仕方ありませんでした。
同じく、椎名桔平!! いろいろ思い出してしまってなぜか吹き出しそうになってしまって危なかった。
客層はさまざまでしたね。
若い人ばかりかと思うとそうでもなく。女性ばかりかというと、男性も結構いました。


そうそう。
わたしは渋谷のシネクイントで観たのですが、ご飯をケンタッキーで食べていました。すると、窓の外に人だかりが見えます。「なんだろう?」と思っていたら、東方神起(あってるかな)がGAPの前の店に来ていたらしい。
彼らが乗った車を追いかけ走る女性陣! これもかなりの迫力でした。
23:57  |  映画&テレビ&音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2007.03.16 (Fri)

初☆狩衣!!

先日の狩衣着用写真を送っていただきました

色鉛筆処理したものしか公開できませんが、すっごく素敵に撮れています。
自分じゃないみたい!!!
214%増し美人に、いや、中性的な美青年(!?)っぽく見えなくもないかなと。
・・・自画自賛
苦手だった烏帽子も、この時は上手く被れています。ちゃんと眉の上近くです。
なんて、舞台に出る前に先生に直されたのですが(笑)


20070316193441


やはり雅楽は見た目八割
狩衣パワーで、ちょっとは上手そうに見えます。
・・・再び自画自賛



そして、狩衣の下は、緋袴。
最初は「これはまずいでしょっ」と、恥しかったけれど、いい思い出になりました
着る機会はないですからね。コスプレとかしないし・・・。

20070316194433.jpg

19:55  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.03.14 (Wed)

20070314233108

お茶会がありました。
大変綺麗で美味しい練切でした。
23:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.12 (Mon)

印伝の判子入れ

印伝

先日のイベントのときに、なぜか付近の土産物屋で購入。
本物ですよね?

ずっとこの黒地に赤の桜が欲しかったんですよ
これと、がま口(薄いほう)が欲しくて、上京したときなど探していたのですが、この模様だけいつも品薄で。
がま口は別の和っぽいお財布を購入したのでやめておくことにします。
こっちは今回もなかったし、買うなということですな。

携帯のせいか、写真に色が綺麗にでないーっ
21:06  |  個人的な逸品  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.03.11 (Sun)

無事終了

おかげ様で、無事終了いたしました!!
終わって良かった


装束をつける前、先生方の急な閃き(よくあります・・・)、

「平調音取ひょうじょうのねとり
「五常樂急ごしょうらく
「越殿楽えてんらく


と、なりました。車吹きです。
花粉症なので、「えーっ」と思いましたが、鼻がたれることもなく(笑) 良かったです。
主管だけど、客席まん前だけれど、鼻かむ気でした。だって、ねぇ?
午前と午後の部があり、午前は先生達が三管で演奏。わたしは午前入りして見学しました!
事前に会場の雰囲気や、お客さんの反応を見ておけば緊張がかなり緩和されるかも知れないと思ったんです。逆効果になる可能性もありましたが、こじんまりとした会場とお客さんの出入りの激しさに安心できました 

午後にさっと一回音あわせをして会場入り。越殿楽は時間がなくて出来ませんでした。
控え室では音が出せないので、数人で土蔵の外でプープーやっていたら、会場内に音が入りまくりだったらしく! やっちゃいました

そして本番。
今回は女性がたくさんいたので、前に女性三管が並びました。
まずは「音取ねとり
笙から入ってくれるので、まだ救われました。苦手だけれど、お陰で緊張がまた緩和
続いて「五常樂急ごしょうらく
音あわせのときに、音がかすれてしまったので心配していたのですが、なんとか大丈夫でした!! ただ、中ちゅうの責せめをまわすとき、音が責せめにならなかったです 先生が出たので、良しとしましょう♪
最後に「越殿楽えてんらく
これは危うく間違えるところでした
一行目のトラロが終わって、今度はトラハがあると思うのですが、
「あれ? 今ってどこ??」
と、わからなくなりました。後ろで吹いている先生の音を確かめてから吹きました(笑)

五常の独奏が終わって緊張が解けました。会場を見回す余裕も持てました!
今までにないことですねぇ 少しは場慣れしてきたということでしょうか。


が、一つ心残り・・・というか、失敗がありました

お辞儀をして、退出するとき、装束に慣れなくてすぐに立ち上がれずふらついてしまったんです。
思わず後ろにいた先生に
「立てない・・・っ」
と小声で言ってしまいました。
先生は無言で、場所を譲ってくれたというか、先に退出させてくださったんですよ。
―― って、今これを書いていて、龍笛りゅうてきで主管だったらわたしが最後に退出じゃん?と気がつきました・・・。あーっ。
普段は、ご奉仕やらお稽古の合奏のときは無言を貫いていたのに、気をつけてそう努めていたのに、よりによってやっちゃいました
これが、今回の後悔です。
次は立ち上がる練習しとこ。


話は変わって、狩衣、いいですねぇ
下は緋袴、上は白で裏小豆の狩衣を着用しました。
個人的には直垂より、こっちのが好きです。白衣白袴も好きですが。
単純に白(色)が好きなのかも?

お餅

神楽のときに、撒いていたお餅。縁起物です♪
21:01  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.09 (Fri)

ここ最近

あのお稽古ばかりしています


「五常樂急ごしょうらく」の、龍笛りゅうてき独奏部分だけひたすら吹く

それを五回程繰り返したら、そのまま一回車吹き・・・といった感じでしょうか。
平調の音取ねとりも吹いていますよ ちゃんと通しで。

あああ、緊張してきましたー。
20:41  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.03.08 (Thu)

嶽本野ばら「ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 下妻物語完」

「パリコレ上等」

下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件
嶽本 野ばら
小学館 (2005/07)
売り上げランキング: 131642
おすすめ度の平均: 4.0
5 再び イチゴ口調で
4 下妻上等っ!
4 ばあさんするどい。

「下妻物語」はで見ましたが、本は未読でした。
ので、今回はその続きを図書館で借りてみることに。 

期待以上でした。
嶽本野ばらは、「鱗姫」「ミシン」など数冊持っていますが、好みにあわなくて・・・。じゃあなんで数冊持っているんだよ、という感じですが、作者のキャラクターがおもしろかったんです。
「下妻物語」は、ロリータものであるということ、異常なまでの洋服への説明が彼らしいですが、その他は今までと違う路線で、かなり面白かったです。読後感も悪くない!
最後は涙ぐんでしまいました。桃子最高 かっこいい
映画化を望みます。「下妻物語2」を作って欲しいです。
深キョンとアンナが未だ若いうちに!! ゴスロリ出来るうちにね

「下妻物語」を見ても思いましたが、あんなヤンキーは今存在しているんでしょうかね?
オトコギあふれた、可愛らしいヤンキー。UFOキャッチャーが異常に好きで、プーさんやミッキーさんが好き、枕詞のように何でも『伝説』をつけたがる・・・。 
今回、小池栄子さんが演じた亜樹美さんも再登場。
映画でもかなりの迫力でしたよね。「小池さん天才っ!似合いすぎ」とか思ってました。他のキャストもぴったりでしたからね。かなり豪華なキャスティングでしたわ。
お蔭で読んでいても、勝手に頭の中で映像化されているので、楽に読めました
礒部様がガンヲタで、モー娘。まで好きだとはやられました。
もの凄く都合良い話の展開なんですが、それが余計におもしろかったです。

この本の終わりかただと、続きが出ることはないのかなと思いました。
ちょっと残念ですが、最後がとても良い終わりかただったので、それも良いかもしれないです。
ネタバレにならない程度を書いたのですが、何言ってるのかわからない文章になってしまいましたね。
21:56  |   |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2007.03.07 (Wed)

そろそろ再開

最近、腰もだいぶ良くなってきました

そろそろ、アレを再開しなければなりません。春だし。



腹筋。


これが鍛えられていれば、腰にもいいだろうし、龍笛の演奏にもいいだろうし、
何よりすっきりボディになれるかも!?たぶん、継続できていれば数年後にはなれるはず。

だ~いぶ鈍っているので、十回くらいから・・・でしょうか。
いや、三十回? 無理無理っ!!
明日整骨院の先生に相談してみましょ。
21:41  |  bearty×health×☆  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.03.05 (Mon)

週末

週の始まりに終わりの心配をしてしまいます。
いまのところ、週間予報ではお天気怪しいですね。
寒い予報、外れてくれるといいのですが


実は、龍笛りゅうてきを演奏する予定があります。
たぶん狩衣を着ることになるかと・・・。初!!ですね。

曲は、
「平調音取ねとり
「五常樂急ごしょうらく

音取ねとりが苦手なので参ってます。せめて、平調じゃなければ・・・なんて思ったり
どうなるか心配です。
ちなみにまた、音頭おんどをやらせていただきます。
わたしは公の場での助管経験がないのです、今のところ。
だいたい人手が足りないときの三管での演奏に呼ばれるので、必然的に音頭おんど
右も左もわからないのに、「はい!今だよ」って合図で吹いていたら、緊張もしますよね、そりゃ。

今回は、古民家の蔵の中での演奏になるそうです。想像がつくような、つかないような。
イベントの一環です。ほかにいくつか団体が出ます。神楽とか。


緊張しないで、自分のペースで吹けるようになりたいなぁ。。。。。
ナルシストになれば良いのかしら??  いや、それは無理・・・
20:23  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.03.04 (Sun)

ありゃりゃ


・・・意気込んでいったのに、前回の先生でした

しばらく持ち越し決定!!

11:30  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.03.03 (Sat)

黄鐘調 越殿楽 2 問題点

黄鐘調越殿楽

先日からはじめた、黄鐘調おうしきちょう「越殿楽えてんらく

ちょっと、問題が出来ました。

うちの雅楽会の龍笛りゅうてきの部は、講師の先生がお二人が交互に教えてくださいます。
その他にも一人いらっしゃいまして、三人にわたしは習っているのですが・・・。
三者三様です。
今までは吹き方や、曲の間などの違いでそんなに混乱せずに指導していただいてこれたのですが、この黄鐘調おうしきちょう「越殿楽えてんらくで明確な違いが

この一行目の下の、ルイ
そのですが、これって、経過音ではないですよね!?
CD聴いても経過音には聴こえないような気がするんですが。

なぜかと言いますと。

ある先生は、
「これはで指を上げていくのに、音程は変えずにしゃくに移って」
とおっしゃいます。

ある先生は、
「これは経過音だから、普通に音を出して」
とおっしゃいます。


070215_212751_ed.jpg

どっちでしょ??

まあ、演奏のこういう細かいところは、各雅楽団体によって違うということを良く聞きます。
それに譜を切る場所も違ったりすることもあります(と聞いています)。
なので他の団体と違っていても、
「へぇ~、あっちはそうなのか」
となりますが、今回は一応同じ団体!?ですからね。さて、どちらに統一されるでしょうか。

今日、第三の男・・・じゃなかった、三人目の先生のお稽古日です。
この先生はいったい、どちらでしょうか!!

それでは、これから行って参りまーす
15:40  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2007.03.02 (Fri)

大根は偉い

この冬は暖かいせいか、野菜が豊作でしたね。
あり難いことに、おかげ様で家はもらい物が大量です。なにしろ畑の多い田舎なもので
中でも、断トツで大根とキャベツがどっさり!
嬉しい悲鳴をあげて食しておりましたが、だんだん使い切れなくなってきて、困りはじめたので(食傷気味)、ネットで新メニューを検索

出て来たのが、この大根のステーキです。

大根を輪切りにし、面取りをして隠し包丁をザクザク入れます。
それを、昆布だしで一時間以上コトコト煮ます。
うちはストーブもあるので、前日にその上で
コンソメで煮ても、みりんで煮てもいいです。
なんと、おでんの残り、煮物の残りでも とにかくとろとろの大根を作ります。

20070302195738

で、温かい状態の大根を、うっすら油を引いたフライパンで焼きます。
大根を焼くんです、フライパンで!!
中火で両面焦げ目がつくほどにお願いします。(写真は撮った後、も一回焼きました)
火を弱火にしたら、そこにバター(マーガリンでも)大さじ1~2を投入。
なじませたら、醤油大さじ2、みりん大さじ1を入れてからめます。
みりんは照りを出すためなので、お好みで。わたしは入れたほうが好きです
出来上がり!!

20070302195739

美味しいんですよ~、これ!!
大根さえ煮ておけばあっという間だし。期待していた以上に美味しかったです。
会社でもすすめたのですが、みなさん「大根を焼く」ということに拒否反応
「せっかく昆布だしでとろとろに煮たのなら、そのまま食べたい」
「焼くのは・・・」
などなど。美味しいのになあ、残念
が、大根ステーキもいろいろあって、薄く輪切りにしたものを煮ないでそのままフライパンで焼いてバター醤油で・・・というものもありました。そちらは試していませんが、美味しいらしいです


 
・・・年明けから週一ペースで作っていたので飽きてきましたー。
が、消費するとすぐ供給されていた大根もだいぶ減りました。
良かった良かった

20:55  |  料理、作り物など  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。