2007年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.31 (Wed)

そのTシャツ

20071031185726

ものすごくたくさんラメがあるんですが、写真を撮るために広げたりしただけでスカートに大量に落ちている・・・。
一回の洗濯でラメが一掃されそうな気がしてきました。かなり心配。
ただの暗いゴシックもどきの地味なTシャツになってしまう。

半そでなので、夏に着るつもりです。
スポンサーサイト
19:52  |  個人的な逸品  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.30 (Tue)

シルク・ドゥ・ソレイユ “オー”(0)

ポスター

シルク・ドゥ・ソレイユのショー、「オー(0)」を観ました。


オー


オー2

ものすごく良かったです!! 感動。
人間て、鍛えられた人間の肉体って、芸術だと思いました。訓練された動きも。
何度でも観たいです。

ショップでTシャツまで購入してしまいました。
20:46  |  映画&テレビ&音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.29 (Mon)

初心にかえるという意味も含めて・・・

しばらく龍笛りゅうてきのお稽古を、平調ひょうじょうを中心に習う下のクラスに戻ろうと思っています。


まあ、いろいろありまして。


あと二回くらいお稽古にいくと、二ヶ月ほど雅楽会がお休みになるのでちょうど良いかも・・・。

なにはなくとも、平調ですしね。
20:07  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.28 (Sun)

ただいま

ブログ再開します。


疲れたー。
16:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.18 (Thu)

お知らせ

十日ほど留守にしまーす。




○友人の皆様へ○

メール、電話は受信しませんので、よろしくどうぞ。
19:41  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.16 (Tue)

第一回 雅楽演奏会 神楽笛の話

わたしは神楽で『浦安の舞』の神楽笛かぐらぶえを吹かせて頂けることになっていたので、龍笛りゅうてきそっちのけで神楽笛をひたすら温めてました。
舞姫たちがハーサルをしていたので、白衣袴に着替えた後(本番は狩衣)で合流。
心配だった参出と退出をあわせてもらうことになりました。

二度ほどあわせて、なんとなくタイミングがわかった頃、舞の先生が来て、
「わたしは笛を吹かないからはっきりとは言えないんだけど・・・」
と確認されました。

参出と退出は、舞姫にあわせて吹くので、人数や距離によって長く吹くことがあります。そのときは、途中の節を繰り返し吹いてあわせるのですが、その場所が違うのではないかとのことでした。

参出退出
  ☆ピンクの部分は最後の最後に吹く。調節するときは、水色の部分に戻ります。
   わたしが戻るときは最初の水色のほうが頻度が高いです。

このとき、わたしは最後まで吹ききってから(ピンクの部分も吹いてから)、また途中に戻りました。前回のリハで、S先生に教えて頂いたからです。
が、前々回のお稽古と昨年の神楽の講習会では「最後まで吹ききってしまったらそこで終わりにしなければならないので、最後のターと伸ばす音は吹かずに戻る」と教わっていました。このときはD先生でした。
わたしは最初D先生から神楽を習ったのでD方式だったのですが、直前のリハではS先生は「最後まで(ターはホントの最後のときより短くだけど)吹く」とのことで、困ってしまいました。
別の龍笛吹きではない先生に助けを求めてみたら、その先生もS先生と同じ方式だったので、そこからS方式に変更。
演奏会本番は、両先生がいらっしゃいます。
「どっちを吹いてもどちらかに後で注意されてしまう~っっ!!」とものすごく悩んだのですが、もうその流れにまかせようと思いS方式を選択。
舞の先生はD先生から習ったので、D方式。
「あれだと、さっき『え?もう終わっちゃうの??』って途中で思ったんだよね。舞ってるほうも、途中で終わりを吹かれてしまって混乱すると思うんだけど・・・」
参りましたー
「実は、困ってるんです
と舞の先生に泣きついてしまいました(笑) ほんとに泣いてないけど。

その後、舞の先生が話をつけて下さったらしく、今回はD方式に決定。
最後まで吹ききらず、途中に戻ることになりました。
わたしはこちらに慣れていたので有り難かったです

いろいろやり方があるので、難しいです。
先生が複数いらっしゃるとたまにこういうことがおきます。
両方ためになるので、比較もでき、自分にあったほうを選べるので良い部分も多いのですが、こういう演奏会のときは困るなと思いました。


それと。
持ち方なんですが、わたし神楽笛はリコーダーなどのように指先で押さえていました。龍笛と同じようにすると、どうしても息がもれてしまって。
でも、やはり龍笛持ちをしたほうが良いのかなと思い、演奏会一週間前から持ち方変更。最初は全く音が出ませんでしたが、今はなんとか。

演奏会は終わりましたが、もっとちゃんと神楽笛の勉強をしたいなと思っております

21:43  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.15 (Mon)

第一回 雅楽演奏会 その2

神楽の部

「浦安の舞」です

今回は舞姫は二人です。
やはり浦安の装束は美しいです

神楽殿での奉納演奏だったため、舞姫たちが控えているのがわたしからは見えません。隅に控えている舞の先生の合図で吹き始めました。

とにかく、音が出ない状態を避ける、それだけを考えて吹きました。

音程は多少ぶれてもしかたがないけど、音が出なかったら格好悪いですからね。
背中に先生方の視線と息遣いを感じながら吹きました。つまり、プレッシャー。
直前に舞姫と参出退出だけを打ち合わせしたので、どうにかいけました!
ほぼ、打ち合わせどおりの速さとタイミングだったので吹きやすかったです。低位置に揃った舞姫をそんなに待たせず吹き終わることが出来ました

舞がはじまると、最初の一行は歌と太鼓なので、わたしはお休み。
さりげなく(?)口元と神楽笛の歌口を拭い、客席から見えない位置で指の運動。開いて閉じてと・・・。

二行目から吹き出します。
神楽が始まる前、先生に「篳篥にあわせればいいから」と言われたのですが、あわせられたかが疑問 音を出すだけで精一杯でした
舞姫の舞いも、途中途中しか記憶にありません。

ので、レポートがほとんどない・・・です。

ただ歌が少なかったです。音量が。やっぱ浦安は歌がばーんとないと物足りません。


ま、無事終わったということで


舞姫

お客さんから写真撮影のリクエストがあり、それに応える舞姫たち。

kariginu

わたし↑。
せっかくの狩衣なのに、右側がめくれてるんです。
全く気がつきませんでした!!ショック。おそらく、演奏中から。
集合写真もこれで写ってる・・・ 誰も教えてくれなかったーっ。

20:00  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.14 (Sun)

第一回 雅楽演奏会 終了

雅楽演奏会、無事終了しましたー

演奏会は、七時半からだったので、集合は六時。
わたしはその日仕事があったので、夕方終わり次第ぶっとんでお宮へ向かいました
着いたら速攻で音だし。

わたしは神楽で『浦安の舞』の神楽笛かぐらぶえを吹かせて頂けることになっていたので、龍笛りゅうてきそっちのけで神楽笛をひたすら温めてました。息でね。

今回の装束は狩衣。
春にちょこっと吹かせて頂いた(ミニ演奏会ですね)ときと同じです。
みんな直垂だったのですが、わたしと篳篥ままさんだけ狩衣を着させて頂きました。個人的には狩衣派なので嬉しい 自然とテンションもあがります!

さっと顔合わせの後、いざ本番


「雅楽の部」

曲は、平調 「音取ねとり」「五常樂急ごしょうらくのきゅう」「越殿楽えてんらく

まず神様に向かって礼。
そして音取。今回は打ち物が入っているので豪華です。

次に、五常樂急。

ボロボロでした・・・。全体的にボロボロ。だるだるでした。
龍笛は一人先にどんどん吹いてる人がいた、様子を探りすぎて全員で二行目の掛け吹きをしなかった!! これにはみんなびっくりでした。もちろん本人たちもびっくり。そして、音が・・・。

わたしにいたっては、五常樂急最初ほとんど音が出なかったです。出ても、音程の外れた音。中は酷かった。直前まで神楽笛ばかり吹いていたせいと、管が温まってなかったからです。失敗! 大失敗です!! 結構緊張していたのですが、なんかこのせいで少し解けました。まわりもでろでろな演奏だったからか、徐々に音も出るようになり、なんとか終了。

最後に、越殿楽。

五常樂急より良かったです。
正式吹きだったので、長かったのですが、やっぱり行を間違えた。今度は篳篥さん(笑) 
そして、太鼓も遅かったような・・・。
鞨鼓が最後のほう「ペースをあげろよ、お前ら!」と指令を出していたと思うのですが、結構みんな無視。いっぱいいっぱいで気がつかなかったといったところです。


以上

これは、超刺激的な演奏会でした。
いい勉強になりました。
音頭を一人でなく、曲ごとに変えようかという話もあって、わたしは雅楽の後神楽笛を吹くし、もう一人は司会もするしで結局先輩が一人全部音頭をすることになったんですが、大正解! 
だって、音が出なかったんですもん!! 
たぶん位置的に五常樂急あたりを任されそうだったので、大ピンチ、大失態をやらかすとこでしたー。次のときは、これを踏まえておかないとな。

では、次は神楽に続きます。




実は今回の演奏会。
第一回ということもありますが、日程が地元のお祭りと重なってしまいまして、宣伝を、①お宮のHP ②境内にポスターを貼った ③雅楽会会員の口コミ でしか出来ませんでした。
いったい何人お客さんが集まるのだろうかと心配していたのですが、最低身内が十人は来るだろうと予想。
そうしたら、予想に反して六十人くらいの方がいらしてくださったらしいです。お手伝いしてくださった方が、気を使ってサバをよんでなければ(笑)
わたしたちからは客席全く見えませんでしたが、嬉しいことでした
お昼お参りに来て、境内のポスターに気がついて夜にもう一回来てくださった方がいらしたりしたそうで、製作者としてはこれがすっごく嬉しかったです! 
ちなみにプログラムを配布忘れてしまい、椅子の上に一枚ずつ並べておけば良かったなと今になって思いました。次回は、そうします!

16:18  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.12 (Fri)

もうすぐ

神楽殿


演奏会まで、あとちょっと。


21:27  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.10.09 (Tue)

二年目突入

雅楽を習ってみたいと思い、見学に行った日から、今日で二年が経ちました

早いです。本当にあっという間
いろいろありましたが、なんとか続けてこれました。

ただ、最近通う距離に少しだけ「ちょっとお宮は遠いな・・・」と思うようになってきた自分がいて、やばいやばいとその都度戒めてます。

二年目に入って思うことは、一年目のほうがお稽古していたなということ
毎日音出すのって、一年目は結構出来てすごかったなと感心してます(笑)
しかも、吹いている時間も長かったし!!
現在は時間がかなり短くなりまして、毎日吹くとなると、管が温まったかどうかというところで終了になってしまうこともあります。良くないですね~。
お稽古の前の日だけ吹く、なんてことはしたくないので、それは気をつけています。

これから冬になるし、ご近所のみなさんも早くに雨戸を閉めると思うので、自宅でお稽古しやすくなる環境になるはず・・・。
十二月、一月はお宮は大忙しなためお稽古お休みになってしまうので、ロングトーンを頑張りたいと思います。

ま、今は目先の演奏会ですね~
19:50  |  雅楽◆呟き◆観覧  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.10.08 (Mon)

新しい子が入りました

新しいデジカメ。

Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 10 シルバー IXYD10(SL)

前のと同じ、Canon IXYになりました。使い勝手もわかるし、前よりコンパクトだし、型落ちしてきてお値段が優しくなっていたのが購入のきっかけ。Canonを推薦してくださる方もいましたし。

以前、「今度デジカメ購入したら、蒔絵シールでもベタベタ貼ってしまおう」と言っていましたが、小さくて貼るうまいスペースがないです・・・。ちっこい蒔絵シールちょうどいいのが無いー。
飽きるかも知れないけれど、どこかにオリジナル装飾か何かを今度はしたい。
撮る暇があれば、今度の演奏会でパチリッといきたいです。

新しいのを買うことが出来たのも、例の件でお心遣いを下さった方々のお陰です。
そうじゃないと、とても一年以内に購入する決心がつきませんでした。

人の気遣いはホントに有り難いことです。感謝です。時間が経っても忘れません。

21:55  |  個人的な逸品  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.07 (Sun)

ジャック・オ・ランタンもどき

20071007185024

ちょっと恐い。
母の知り合いが作ったそうです。たぶんお年を召した方。
ハロウィンのですね。和風??

鼻の穴があります。
写真では見えませんが、ほっぺにはナルトのような渦巻きが彫られています。

・・・そして、なにやら右頭部上には謎の物体がっ。
なんだろう? 大根でつくってあります。グレーの部分はペンで書いたものかと。
わたしは、目玉のオヤジだと思うのですが。

ハロウィンが終わったら煮て食べることになっていますが、もつかなぁ
20:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.04 (Thu)

ねえさん、事件ですっ!!

たまに、何か事件が起こると、心の中で突っ込みを入れたりします。
事件というほどでもなく、自分にとって「あっ」と思ったような些細なことのときもありますが。

そのときよく使うフレーズが、

「ねえさん、事件ですっっ」
って、姉さんいないけど。
  

・・・です。姉さんいないけど、までが突っ込みですからね。

高嶋弟の出ていたドラマ、ホテル(だっけ?)の例のフレーズをパクってます。ドラマは見ていなかったんですが、CMで覚えてしまったんですねぇ。


「こんなこと考えるの、自分だけかな?」
なんてことすら考えずに、頭の中で小さく突っ込みいれてはすぐ気が済むから消えていくような、自分ルールだったのですが、同じように「ねえさん・・・」と使っているのを漫画で発見して、ものすごく嬉しくなりました。

チューネン娘。 1 (1)

その漫画が、伊藤理佐著「チューネン娘。」です。
アイコ30歳(独身)が、合コンで、
「ねえさん、事件です。って ねえさんいないけどさ。
いい男が、わたしに気がありますっっ
えと・・・コレはアレに似ています・・・
小学生のとき(みんなで下校しているのに、なぜか自分だけが)犬に選ばれたときのアレ・・・・・・」
とやってるんです。
「あー、わかる! この使い方!! あってるよ!!!」
と激しく共感してしまいました(笑)

起きたことをそのまま頭の中で静かに流せないだけなんですが、結構コレはまりますよー。
なんていうか、楽しくなります。余計にテンションが上がるというか。

おすすめです・・・。
20:44  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.02 (Tue)

浦安のお稽古

演奏会が近いので、先日のお稽古では「浦安の舞」も特訓。

講習会で教えていただいて早一年・・・。

だいぶ直されました

参出がもう、既にダメ。
以前「舞姫にあわせて神楽笛は調節(曲の速さ)する」と習った覚えがあったので、今回二人の舞姫にあわせて超速く吹いてしまいました。確かに、趣も何もあったもんじゃありません。
「舞はちょっと待っててもらえばいいから、もっと趣のある感じで吹いて。やさしく、ただ吹いてるだけじゃなくね」
とのことで、ゆっくり吹かせて頂けることに。
舞が始まって、歌が入るときは、結構ちゃんと吹けたような気がします。歌の邪魔をせずに。
「音が、全体的に低い」
とのお言葉を受け、もう一回通したときには、かなり歌口(吹く場所)を向こう側にして吹いてみたんですが、まだ低かったらしいです。
「龍笛と違って、もっと唇の上のほうにあてていいから」
と言われたので、今はそのようにして頑張っていますが、そうなると音が出し難い!!!


本番がどうなることやら。

21:29  |  雅楽のお稽古♪♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.01 (Mon)

虫日和

夜中、蚊に唇を刺された。
唇がじんじんして、皮がつっぱっていく間隔がすごい。
痒いわけではなく、微妙に痛いのと異物感。

昼、大雨だったので家から車まで傘をささず走って移動していたら、植木に手をぶつけた。
数分後、赤い発疹がひじ辺りまで広がった。

最初、数珠をしていたので、「雨でニスか何かが肌に付着して炎症かな?」なんて思っていたのですが、覚えのある間隔・・・。

毛虫 or 蛾 じゃん。

速攻で石鹸で何度も洗いました
毛虫かもと考えてガムテープで肌をペタペタしました(洗う前のが良かった)。
抗ヒスタミンがなかったので、放置。
なかなか収まらなかったのですが、他に広がることもなく、数時間後に赤みはひきました。
子供の頃、たびたび被害に遭っていたので、迅速に対応出来ました
これも怪我の功名か??

しかし、朝から虫に踊らされた一日でした
19:11  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。